バリアフリー施設があるさいたま市の永代供養とは?

バリアフリー施設がある永代供養かつての日本のお墓は、継承性でありお墓を継いだ子の世代がメインで管理しており、管理者自体が比較的若い人達でした。
しかし、近年の日本は長寿国となり、お墓を守る人自体が高齢化してきています。
それに比例するように、若い世代のお墓離れも進んでいるのが現状です。
お墓の管理は、体力も時間も使う大変なものです。

例えば、雨ざらしになっている暮石を洗ったり、敷地内の草むしりなどの清掃を行います。
すぐに汚れてしまいますので、こまめにお墓へ行って管理する必要があるのです。
高齢になると、足元の整備されていないお墓へ行くことすら大変なことです。
ましてや、頻繁な清掃などはかなり困難です。

高齢者に優しい永代供養墓

そんな、高齢者に合ったお墓が、永代供養墓です。
永代供養墓は、お寺の納骨堂や霊園などで行われている、墓石を持たない非継承の供養方法です。
永代供養であれば、お骨の管理から敷地内の清掃なども全て一括で行なってもらえるのです。
そのためにかかる管理費は、永代供養料に含まれているため、年間にかかる費用がかからないところも多く、高齢者には助かる供養方法となっています。

高齢者に優しいバリアフリー設計

このように、高齢者が管理者となってきた永代供養墓には、一般的なお墓とは異なった配慮がされていることが多いです。
それは、バリアフリーです。
永代供養墓には、色々な施設があります。
お寺で行なっているもの、納骨堂、霊園など様々です。
屋外管理されているものもありますし、屋内で管理されているものもあります。
そんな中でも、屋内でも屋外であろうとバリアフリーに配慮しているところが多くなっているのです。
これは、管理者が高齢者であることもそうですが、契約者に配慮したものでもあります。
永代供養墓は、一般的なお墓と異なり永代供養を希望する人自身が、生前に契約することが多くあります。
もちろん、自分が供養される場所ですし、どんなところであるのか確認しておきたいのが心情でしょう。
お墓について考え始めるのは、やはり高齢となってきてからです。
そのため、杖を使っていたり、車椅子を使用している人も多くいます。
そのような人のためにも、バリアフリー設計となっているところが多いのです。

さいたま市のバリアフリー設計の永代供養墓

さいたま市にも、バリアフリー設計の永代供養墓があります。
岩槻区にある「時のともしび」がまさにそんな施設です。
苑内は、バリアフリーとなっていて誰でも見学がしやすいような作りとなっています。
また、苑内だけでなく岩槻の中心地からの利便性も良いのが特徴です。
さいたま市には、最近多くの永代供養墓が増えてきています。
ですので、バリアフリーとなっている施設も多くなっているのです。
さいたま市という立地により、家からもアクセスが良いため多くの人がさいたま市の永代供養墓を選んでいるのです。

現代に合ったバリアフリー設計の永代供養墓

これからの日本は、平成27年には65歳以上の高齢者の人口が3,392万人になると言われています。
ということは、今よりも永代供養墓を求める高齢者がどんどん増えてくるわけです。
そんな時に重宝されるのは、バリアフリー設計の永代供養墓となるでしょう。
今現在、さいたま市にある永代供養墓は、アクセスの良さやバリアフリー設計などの魅力的な点が多いことから人気となっています。
今後も、高齢者が増えることでさいたま市の永代供養墓は希望者が増えてくると考えられますので、今のうちから見学や資料請求をすることである程度目安をつけておくことがオススメです。
終活の第一歩として、まずは永代供養墓の検討から始めてみませんか。