永代供養の場合、仏壇はどうすればいい?

親族に代わり、霊園や寺院が故人の供養を代行してくれるのが永代供養です。

さいたま市でも利用者が増えている供養方法ですが、この場合、仏壇をどうすれば良いか迷うことがあるかもしれません。

そこで、いくつかのパターンを例にご案内していきます。

 

処分をする前にお根性抜きなどの供養が必要

元々永代供養は子供や跡継ぎがいなかったり、身寄りがない人たちの供養として行われてきました。

ですが近年では子供たちに負担を掛けたくないという理由から、さいたま市でも申し込まれる方が増加しています。

そして、生前にご自身の永代供養を契約された場合、仏壇をこのまま置いておくか否かは意外に悩みどころです。

しかしご自身がまだ元気で、ご先祖様の供養ができるのであれば、残しておいて良いと思います。

ご自身が他界した後は子供たちが相続するため、無理に処分する必要はありません。

ただしご自身が高齢などでご先祖様の供養が困難な場合は、処分するのも1つの解決策です。

とはいえ、そのまま粗大ゴミに出すことはできませんので、事前にお根性抜きという供養を行う必要があります。

この儀式は魂抜きや閉眼供養など、地方や宗派によって色々な呼び名もありますが、何れの場合も寺院や僧侶に頼んで行ってもらいます。

すると、宿っていたご先祖様の魂が天へ戻るので、ただの家財道具になり、粗大ゴミとして捨てられるようになるのです。

もしもさいたま市へ処分を依頼するなら、自治体の粗大ゴミ受付センターへ電話すればOKですが、処分品のサイズを聞かれますので、予め縦横高さの長さを測っておきましょう。

 

自分で処分するのが大変なら専門業者を活用しよう

寺院へお根性抜きを頼んだ場合はお布施を渡すのも一般的ですが、これには定価というものがありませんので、一体いくら包めば良いのか迷うのも確かです。

その際は初めて利用する旨を告げ、ほかの人は概ねどれぐらい包んでいるのか、依頼先の寺院などに尋ねてみるのも良いかもしれません。

いくら渡せば良いのかストレートに聞いても、寺院側は「気持ちだけで結構で」としか答えようがないと思いますが、この聞き方なら目安を教えてもらいやすい筈です。

とはいえ、寺院にお根性抜きを頼んだり、さいたま市へ粗大ゴミの処分を申し込むのが面倒な場合は、仏壇の整理業者へ相談するのも名案です。

専門業者ならお根性抜きの手配から、仏具を含めた本体の引き取り処分も全て行ってくれます。

自分でやるより費用的には高いかもしれませんが、手間を省けるのが大きなメリットです。

 

これから設置したいという場合も勿論OK

それとは逆に「亡くなった親が自身で永代供養をしたけど、家にも仏壇が欲しい」という場合は、設置して自分たちで供養しても全く構いません。

本来、親やご先祖様の供養は血を受け継ぐ血縁者が行うものですから、寺院などで供養が代行されている状態でも大丈夫です。

また、従来の本格的な和風タイプのほか、現在ではコンパクトなモダンタイプも売られているので、マンション住まいで部屋が狭い際は、そちらを検討するのもおすすめです。

扉を閉めれば普通の家具に見えるお洒落な製品も多々あるため、洋室に設置してもインテリア性を損ないません。

ローソクも電池式のLEDタイプが登場しており、小さなお子様がいらっしゃるご家庭や、オール電化の住まいでも火を使わないので安心です。

要は気持ちですから、例えLEDのローソクでも心込めて手を合わせれば、それだけで十分供養になります。

 

いかがでしたでしょうか、これで永代供養を行った際の仏壇の取り扱いも何となく分かったかと存じます。

ご自身で供養できる場合はそのまま置き続けてもよし、自宅での供養が困難ならお根性抜きをして処分するもよし、はたまた新規に導入して家で供養しても良いなど、基本は現在生きている人の必要に合わせるのが1番だと思います。