後から一般墓から永代供養に変更することは可能?


無くなられた方を供養するために先祖代々受け継がれるお墓ではありますが、受け継ぐことが難しくなった場合は、墓じまいをして永代供養へと変更を余儀なくされる場合もあります。
また、檀家である寺の宗派によってはどこでも受け入れてもらえるかなど心配事はたくさんあります。
さいたま市での永代供養を受け入れるお寺はどのようなところなのでしょうか。

 

お墓を代々受け継ぐことが出来なくなるという事。

日本では、お墓を家族で代々受け継いで守り続けてきました。先祖から脈々とつながってきたお墓ではありますが、受け継ぐことが出来なくなった時、または墓守としての責任が果たせなくなる時が来る場合があります。
それは、受け継ぐ子がいない・自分で家が途絶えるなどそれぞれのご家庭で理由は違います。

受け継がれないからと言って、お墓をそのままにして荒らすわけにはいけません。供養をしてくれる場所を探すと長い期間にわたり供養をしてくれる霊園やお寺などがたくさん世の中にはあります。

 

場所をどこに決めるかが大切です。

供養の場所を探す際に、インターネットや口コミなどを参考にするのも良いでしょう。実際に利用されている方のお話はとても参考になります。供養の場所の住所はどのあたりがいいか、お金はどれだけかかるか、納骨のされ方などは夫婦で納骨してもらえるのかなど。最近ではペットの供養も同じお寺や霊園で行ってくれるところもありますので、長年連れ添った家族であるペットも同じところでという事であればそういう事も考えて選ぶ事が出来るようになりました。

供養の方法などはとても大切なことです。それぞれの霊園やお寺によって違いますので、家族の意見を基に選ぶ事がいいでしょう。また、宗派によっての受け入れの可否などもある場合もありますのでそのあたりもしっかりと調べなくてはいけません。この先ずっと過ごす場所となります。少しでも気になるようなことがあれば霊園やお寺に質問や相談をして決めることがおすすめです。

 

お墓から供養場所を変更する時はどうしたらいいのか。

まず、現在檀家となっているお寺に相談するのがいいでしょう。お墓をしまう墓じまいという大切な儀式もあります。宗派や地域によって墓じまいのやり方が違う事もあるかもしれませんので、それに関してもどのように進めるべきか相談するのが望ましいです。

今まで、お墓のあった土地から先祖のお骨などを移動して安らかに眠っていたであろう先祖の永住の地を変更するのですから、きちんと段階を踏んで墓じまいをしてください。墓じまいをするということで現在のお寺の檀家を離れるという事で離壇料を払う事もありますので、どれくらいのものになるのかもリサーチが必要です。

墓じまい後に供養先に遺骨を受け入れてもらう際には「受け入れ証明書」を発行してもらいお墓のあるお寺から「埋葬証明書」を発行してもらいます。この二つをお寺のあった市町村に「改葬許可申請書」を出すことで「改葬許可証」を出してもらえるのでこれでお墓から供養先へと変更する手続きが終了となります。

 

今までのお墓をしまい、新しい供養先へ先祖の遺骨を移動させるという事はお金もかかりますし、手続きをしなくてはいけないこともたくさんありますので、簡単に出来る事ではありません。それでも、墓守がいなくなり先祖代々受け継がれてきたお墓を荒らして供養すら出来なくなるようではいけません。
最近では、元気な間に墓じまいをして自分で永代供養先を探して生前契約をしていく方も多くなってきています。自分たちの代で墓守はおしまいにする・終わってしまうというというのは感情的にとても寂しく感じるはずです。それでも、今後も家族ではないかもしれないが供養に関して精通している人の手での供養が続くというのはとても大切なことです。
今までと供養の仕方は違いますが、新しい供養の形として今後はもっと世の中に広がっていくことでしょう