永代供養墓の注意点とは

少子化が進んでいる最近の日本では、お墓を守る人がいなくても遺骨の管理を依頼できる永代供養墓の需要が増えてきています。

 

少子化が進んでいる最近の日本では、お墓を守る人がいなくても遺骨の管理を依頼できる永代供養墓の需要が増えてきています。
この種の墓の場合は独身や子どものいない夫婦など様々なタイプの人達が利用しやすいと言えますが、このようなお墓の場合でも選ぶ際の注意点は存在するので、それらをよく考えて選ぶようにすることが大切です。

 

この種のお墓には様々なタイプが存在します

永代供養墓には、個人一人だけかあるいは家族で入るような「個別埋葬型」と、家族以外の人達とも一緒に入ることになる「合祀型」の2種類が存在します。

〇個別埋葬型
普通の墓に近いような埋葬が期待できるという利点がありますが、この場合にはある一定の期間が過ぎたりお墓の跡取りがいなくなった際に合葬になる可能性があるので、その点についてよく調べておいた方が良いでしょう。

〇合祀型
費用が安く管理費なども墓地の購入時に一括して払うだけというところも多いのですが、一旦埋葬してしまうと遺骨を取り出すことが不可能になるので、それでも大丈夫かということをよく考えた上で利用することも大切です。
さらに、この種のお墓では故人の戒名を記した「位碑」があります。
これは選ばなくてはいけないものではなく、位碑なしのお墓もたくさんあるようですが、これを使うと本人のためだけでなくお参りをする人達がしやすくなると感じる場合もあるので、その点についてもよく考えた上で選ぶかどうかを決めることをお勧めします。

 

屋内型と屋外型の両方から選ぶことができます

この種のお墓の場合にはロッカーのような納骨堂の形をとるものと、普通のお墓のように屋外に造られたものの両方が存在するので、どちらを選ぶかについてもそれぞれの特徴をよく調べておいた方が良いでしょう。

〇納骨堂の場合
天気に関係なくお参りがしやすいという利点がありますが、お供えに関しては一般のお墓で行うものができないところもあるので、それらが可能かどうかを確かめておくことも大切です。

〇屋外型の場合
お供えがしやすかったり自然環境を楽しめるというメリットがありますが、どのような形で管理が行われるかということをよく調べておくことをお勧めします。
そして、お墓のタイプに関しては事前に本人や家族が見学に行ってその状態に満足できることを確認した上で、お墓を選ぶようにすると安心できる可能性が高くなることでしょう。

 

お参りする人達のことも考えましょう

この種のお墓の場合、少人数であってもお参りする人達がいて、特にそれが家族や親戚である場合には彼らがこのようなお墓であっても抵抗がなく、嫌がらないかを考えてから選ぶことも重要です。
このような種類のお墓は、将来のことを考えたり設備や雰囲気を重視するような人達を満足させる可能性は高いのですが、従来のお墓参りに慣れている人達の中には満足できないような人がいる可能性もあるので、そのような場合にどうするか、どのように説得するかということも考えておいた方が良いでしょう。
また、この種のお墓では宗派や宗門などが不問ということころが多いのですが、お墓を購入する前にその点をよく確認することと、このような対応に不満を持つような家族や親戚がいる場合にはその点についてもよく考えておくようにすることも大切と言えます。

〇まとめ
永代供養墓は最近の日本で需要が増えてきた種類のお墓で、跡取りの有無に関わらずいろいろな種類のものを選ぶことができるというメリットがあります。
でも、選ぶ場合には、遺骨を納めるお墓を合祀にするかどうかということや、位碑を使うかどうかということ、屋内と屋外のどちらのお墓を選ぶかということなど、いろいろと事前に考えた方が良いことがあるので、それらの点についてしっかりと調べた上でそれぞれの希望に合ったところを選ぶようにすることが重要です。