永代供養を行う際の服装は?

時代の流れとともにお墓に対する考え方や供養方法の考え方にも変化があり、近年では永代供養を選択する人も増えています。

子供がおらず墓の世話をしてくれる人がいない場合はもちろん、子供や孫に迷惑をかけたくないなど人により理由は様々です。

しかしまだそれほど馴染みがないという人も多いからこそ、いざ永代供養を選ぶとなれば納骨やマナーで頭を悩ませることになるのではないでしょうか。

その中の一つに、身だしなみも含まれます。

 

基本的な服装や身だしなみのマナー

永代供養でも一般的なお墓供養と変わりはなく、四十九日の忌明けまでは、喪主や、親族はもちろんその他の参列者も、喪服で参列することが一般的なマナーとなっています。

男性な場合には、黒のスーツと白いシャツを着用し、黒色のネクタイが一般的です。

靴も黒がマナーであり、革靴など一般的なお墓供養でマナー違反とされているものは避けるようにしておきましょう。

もちろんアクセサリーや時計といった派手な装飾品は身につけないのがマナーです。

女性の場合には、黒のスーツかワンピースが基本的な服装であり、アクセサリーは一連のパールなどにしておくべきです。

子供は制服がある場合には、制服が正装になるので制服を着せますが、制服がない学校の場合には黒で整えておくようにしましょう。

喪服ならば基本的にマナー違反となることはありませんが、寺院や霊園による多少違いはあるので、不安という場合には確認しておくと安心して足を運ぶことができます。

注意しておかなくてはならないポイントとは?

お寺から、喪服で参列という指定がある場合には必ず喪服で参列するようにしておく必要があります。

それだけではなく、遺族や親族が略式喪服で一般参列者が喪服で参列とならないように気を付けなくてはなりません。

一般参列者に対して失礼になってしまうので、遺族や親族といった立場の人が略式喪服で参列する場合には、一般参列者にも事前に伝えておくことがポイントとなってきます。

四十九日以降に納骨する場合には、服装には特に決まりはないというケースが大半ですが、一般的には黒をメインとしたカラーの服を着用していくことになります。

派手な服を避けアクセサリーも最低限にするなど、基本的なマナーは守るようにしておきましょう。

お寺様に依頼してきていただく場合と、本当に身内のみで行う場合とでは、身だしなみに違いをつけるべきというケースもあるので、きていただく際には、あらかじめ聞いておくのも一つの手段です。

納骨のときの服装において最低限守るべきポイントとなるのは、他の親族と格式を合わせるということではないでしょうか。

平服と言われた場合でも、派手になりすぎないようにすることは最低限のマナーです。

お参りの際の身だしなみのマナーとは?

法要の後のお参りに行くときには、どんな服装が適しているのかで悩むという人も多いのではないでしょうか。

お参りの場合には、身だしなみはそれほど気をつけなくてはならないというわけではないので、普段着で問題はありませんが、あまり派手にならないように気をつける必要はあります。

観光地になっていて一般のお参りの人も多いような大きなお寺では、よほど華美でなければ黒目の服ではなくても問題ないケースも多いです。

しかし、やはり最初のお参りの際には普段着に近い黒めの服装にしていった方が、安心できるのではないでしょうか。

 

納骨に関しては四十九日を超えるか超えないかが一つの分かれ目となりますが、基本的には喪服を着用して行くべきであり、喪服ならばマナー違反になることもないので安心できます。

しかし、周りの親族と合わせておかないと自分だけが浮いてしまい、場違いとなってしまうので、しっかり相談しておくようにしましょう。

お寺に合わせることも忘れてはいけません。

さいたま市永代供養コラム