お墓を永代供養にするメリットとデメリットとは?

お墓を永代供養にするメリットデメリット人が死んだあと、残された遺族や親戚は故人をお墓に入れてあげなければなりません。
もしも、お墓を持っていない場合は、新たにお墓を立てなければなりません。
しかしこのお墓、実はとっても費用が嵩み、残された遺族には手間のかかるものだということをご存知ですか。
一般的なお墓は、墓石を購入するにしても何百万円という費用がかかり、定期的な清掃などの手間がかかるのです。
この問題を解決するお墓の代わりとして人気がでてきたのは、永代供養墓です。
この永代供養墓は、一般的なお墓の問題点を解決するものですが、何事にもメリットとデメリットがあります。
永代供養墓のメリット、デメリットについて細かく見ていきましょう。

お墓を永代供養墓にするメリット

・費用がかなり安くなる
・管理などの遺族への負担がない
・墓石を購入しなくてもよい
・自分で自分のお墓を選ぶことができる
・宗教や宗派を問われない

まず、一番わかりやすいところでいくと、一般的なお墓に比べて永代供養墓はかなり費用を抑えることができます。
一般的なお墓は、年間に管理費やお布施などがかかります。
意外と何十万円というお金になることもあるのです。
これは、継承者である遺族が負担しなければなりません。
それに比べて永代供養墓の場合、申し込み時に支払う永代使用料や管理費、納骨量、お布施などを一度支払えばそれ以降に費用がかからないところがほとんどです。
希望者は別ですが、墓石を購入する必要もないのでその分の費用もかかりません。
この管理費ですが、一般的なお墓の場合、水汲み場や入口などの公共の場の清掃管理分として考えられているのです。
要は、「個人の墓石がある場所に関しては、故人の関係者が清掃などをしなさい」ということです。
そのため、雑草取りや墓石の掃除などを頻繁に行わなければならないのです。
遺族にすると費用に加えて、時間的な負担となります。
永代供養の場合は、たいてい管理費の中に個人の位牌の管理や施設内の清掃費用なども含まれていますので、遺族の負担が少なく済むのです。
そして、永代供養墓が人気となっている一番の要因は、自分で自分が入るお墓を見ることができるところです。
自分がどんなところで過ごすのかを、自分で決めることができるため人気なのです。
さらには、生前に契約をすることができるので、あらかじめ自分で購入しておくこともできます。
家族に余計な負担をかけたくないという人には、向いている施設なのです。
また、たいていの永代供養墓が、宗教や宗派を問いませんので気にせず選ぶことができるのも嬉しいところです。

お墓を永代供養墓にするデメリット

・家族の理解を得難い
・遺骨を取り出すことができなくなる可能性もある

いいことづくしのような永代供養ですが、実はデメリットもあるのです。
永代供養は、ご存知の通り最近人気の出て来た供養方法です。
しかし、まだまだ世の中に浸透しているとは言い難いです。
信心深い人や先祖代々の檀家さん、高齢の人は否定的な考え方の人もいるのです。
実際に、生前予約した故人が亡くなってから遺族の間で揉め事になるなんてこともあるのです。
そのため、契約をする前にしっかりと家族と話し合っておくことが重要となります。
そして、永代供養の一番のデメリットは、一定期間が過ぎてしまうと遺骨が合祀されてしまうことです。
合祀は、遺骨を他の故人と一緒に埋葬することです。
この合祀が行われると、遺骨を取り出すことは不可能になってしまいますので注意が必要となります。
以上のように、永代供養墓にもメリット・デメリットがあります。
そのメリット・デメリットをしっかりと理解した上で、永代供養墓を利用することをおすすめします。