事前に知っておくと役に立つ?永代供養の初期費用の相場とは?

永代供養の初期費用の相場は納骨堂によって変わってくることですが、一般的なお墓を建てる場合と比較して、永代供養のお墓を用意するために発生する費用は比較的安価となっています。
永代供養の場合、遺骨が合祀されることが一般的だからです。
合祀とは、骨壷から遺骨を取り出して、その納骨堂に永代供養を頼んだ方々の遺骨とともに、まとめて埋葬することです。
占有スペースが特にない共有のお墓であるため、個別の墓石を建てる必要がないことから、普通のお墓よりも安価となっています。
また、お墓の管理や継承に関しても、すべて納骨堂を管理している寺院の方々へおまかせできるため、その分の費用を考慮する必要がありません。
永代供養の料金の目安は、だいたい3万円から10万円程度です。

大きく管理方法と費用が変わる納骨堂の種類

骨壷をそのままに、個別に遺骨を安置する納骨堂も存在します。
故人の遺骨の位置が明確にわかるため、個別に参拝できることが魅力的な形式です。
納骨堂の種類によって、10万円から100万円以上まで大きく費用が変わってきます。
例えば、コインロッカーのように骨壷を画一的に区切られた収容スペースに入れる、いわゆるロッカー式の納骨堂があります。
ロッカー式であれば、だいたい費用は10万円程度です。
基本的に、収容スペースには骨壷と位牌を置くことができます。
納骨堂によっては、ひとつの収容スペースに2人や3人分の骨壷と位牌を並べることが可能です。
骨壷を収める場所の上段に位牌や仏壇などを並べる、仏壇方式の納骨堂も存在します。
お供えを受け付けている場合も多いので、しっかり参拝したい方におすすめできるタイプの納骨堂です。
充実している分だけロッカー式よりも費用が高く、30万円から100万円以上かかる場合があります。
そのほかには、ICカードなどの機械認証で個別に遺骨を管理する機械式の納骨堂も登場しました。
参拝設備が非常に整っており、ロッカー式と仏壇式と比較して、非常に利便性が高い納骨堂となっています。
機械で管理しているため、24時間参拝可能な納骨堂もあるほどです。
仕事などの都合で参拝できる時間が限られている方におすすめできます。
費用はだいたい50万円から100万円程度です。
お寺によっては、会員費や管理料などの維持費がかかる可能性もあるので、申し込む前に必要な費用を確認してみましょう。

お寺の方が墓石を管理してくれる納骨堂もあります

普通のお墓と同じように墓石を建てられる納骨堂があります。墓石を建てるため、どうしても比較的高額になってしまいます。高額ですが、管理・供養はお寺が行ってくれるため、普通のお墓と同様でありながらも、管理の負担がほとんどなくなることが特徴です。遺族の負担がなくなることに加えて、普通のお墓参りと同じような感覚で参拝できます。屋外にお墓を建てる形式もある一方で、屋内にお墓を建てる形式もあり、屋内であれば常にきれいな状態を保てます。いずれにしても、100万円から200万円程度はかかってしまいますが、値段に見合った魅力がある形式です。普通のお墓と同様の形にしたい一方で、仕事の都合などでお墓の管理まで行うことがむずかしい方におすすめできます。

セットで申し込むことで永代供養の費用が安くなります

夫婦やその子供、孫まで利用できるセットプランでの永代供養を用意している納骨堂もあります。セットで供養を申し込むことで、通常以上に安い値段で供養してもらえるため、お得です。セットであっても、骨壷が入る程度の狭いスペースの納骨堂から、位牌や仏壇が並んでいるタイプの納骨堂までさまざまなものを選べます。利用したいと思える納骨堂がありましたら、家族みんなセットで供養を申し込めるか確認してみて下さい。