永代供養はどのような種類があるの?

現在、日本は少子高齢化社会で核家族が進んでいます。

その結果、お墓の管理やお墓参りが困難になってきました。

そこで、永代料を払って施設で供養してもらおうという人が増えています。

内容についても検討しておくと利用する時に戸惑わないで済むでしょう。

 

供養する際の形態から分類してみた

最近、増えている永代供養は供養料を払えば寺院や施設・霊園が供養、管理を永代にわたって行ってくれます

さらに種類は形態からみても幾つか分かれています。

供養する形態は合祀型と個別型に分かれています。

詳しく説明すると、合祀型の場合は他の人の遺骨と一緒に故人の遺骨が納骨されます。

合祀型のメリットは墓の管理者が遺骨を一括で管理することができます。

他にも遺骨を納骨するために必要な土地の面積も少なく済むので費用も安くなります。

デメリットは沢山の人と納骨するので後で遺骨を取り出すことができません。

なので、合祀型を選ぶ場合は親族と相談してから決めた方が後々、トラブルが起きません。

相場として3万から5万程度用意しておけば大丈夫です。

対して個別型はそのまま、個別に遺骨を管理する方法です。

ただし、個別に墓を建てるわけではありません。

納骨堂などの従来のお墓とは全く違った形式の場所で管理します。

個別の場合は契約期間が決められています。

期間が過ぎれば合祀型と同じ埋葬法となります。

契約料を払えば期間を更新することができます。

埋葬する場所によって区別ができる

屋内と屋外の二種類が存在します。

しかも、屋内でも三種類に分けられています。

室内にロッカーのような区切りの壇があり、そこに遺骨を個別に納骨するのがロッカー形式です。

スペースがあまりいらないので個別でも費用を抑えることができます。

ロッカー型の場合は屋外でも存在します。

霊廟型は上下に分けられた壇が室内に設置しています。

下の段に遺骨を埋葬して上の段が仏壇形式になっています。

機械納骨型は遺骨を決められた格納スペースに保管しています。

お参りの際は故人の遺骨がエレベーターなどで取り出し、専用スペースでお参りします。

ハイテクで管理されているので最近、需要が増えています。

屋外でも納骨塔型などほかにも様々な種類が存在します。

納骨塔型は供養塔の中に遺骨を散骨します。

中には個別に遺骨が埋葬されている場合があります。

個人墓は通常のお墓に永代供養を加えたものになります。

その結果、お墓を継ぐ承継者の必要がありません。

ただし、普通に墓を建てるのと同じになるため、同等または余計に費用がかかる場合があります。

他にも樹木葬や散骨などが屋外型に挙げられます。

一般のお墓との違いを考えてみる

一般のお墓は墓地の永代使用料や墓石の購入費などの費用がかかります。

しかも、購入後も墓地の管理費が毎年かかることになります。

さらに毎年の法事には参加しなくてはいけません。

これでは遠くに墓があった場合、面倒が多くて大変です。

永代供養の場合、一般の墓のデメリットが解消できます。

一般の墓の区別はそれぞれのメリットとデメリットを比較すべきです。

まず、永代供養は一般より費用が安く済みます

しかも、3万から50万と幅広く中には100万も越える場合があります。

供養料を先に払ってしまえばその後の維持費がかかりません。

その結果、墓を購入する費用を抑えることができます。

供養は寺院や施設・霊園が親族に代わって供養してくれます。

なので、お墓を受け継いでくれる墓守がいなくても納骨が可能になります。

 

永代供養といっても沢山の種類が存在します。

その内容によってそれぞれ、料金や構造が違ってきます。

さらにメリットやデメリットも存在します。

それに個別で埋葬していても期間が過ぎれば他者と一緒に合祀されます。

どんな埋葬法であれ、家族や親族の同意が必要なことを覚えておきましょう。