永代供養の4つのタイプとは?

永代供養の4つのタイプ

 

近年、供養方法は多様化しています。
故人の供養というと、いわゆる墓石のあるお寺の一般的なお墓がすぐに浮かんでくると思います。
しかし、お墓をたてない納骨堂や最近流行っている手元供養など、供養には色々な方法があるのです。
ここでは、故人の永代供養の方法をご紹介していきます。

 

永代供養の方法を比べてみました

まずは、従来のお墓ですが、良い点としては親戚なども納得できる昔からの形であることです。
もちろん、永代使用権がありますので継承すれば代々の子孫も使用することができます。
ただし、お墓をたてるのには高額な費用がかかることや管理費などの随時かかる費用が必要となり、また宗教性も関係してきます。
お墓と似たような方法として、霊園のお墓もあります。
霊園のお墓の場合は、霊園数自体も多いため選択肢が多いのが魅力です。
こちらも継承できれば、家族や親戚などが使用することができます。
管理費は、公営ですとお寺などよりも安くなっているのが特徴です。
続いては、永代供養です。
こちらは、継承者は不要で最近では場所の数も多く、選択肢が増えてきています。
供養も、遺族が仕切らなくても寺の責任で行なってもらえます。
永代供養に関しては、一度合祀してしまうと改葬ができないのが注意点です。

永代供養の4つのタイプとは?

永代供養は、最近では色々なタイプが出てきていますが、大きく分けると4つのタイプに分けることができます。
それが、納骨堂と樹木葬、散骨、手元供養です。
納骨堂はご存知の通りお寺などに併設されていたりする、遺骨を収めておく建物です。
もともとは、納骨に間に合わない遺骨を預かっておく場所でしたが、最近では永代供養墓の働きがメインとなってきています。
樹木葬は、遺骨を埋葬した上に植樹をするものです。
価格も安く自然に還れることが魅力で価格も安く維持費もかかりません。
希望の条件に合う場所が都心部には少ないですが、故人が好きだった場所に眠ることができるなど人気がでています。
同じように人気が出てきているのは、散骨です。
散骨は海などにお骨を撒いてしまうものです。
散骨も樹木葬と同じく自然に還ることができ、海が好きな人が希望することが多いです。
こちらも価格や維持費が安くなっています。
それ以外には、手元供養というものもあります。
手元に遺骨の一部分を置いておき供養する方法です。
しかし、これは最後の行き場所が決まっていないのが問題となります。

その他にもある変わった供養方法

上記で述べた供養方法は、最近急に希望者が増えてきているものです。
まだ、世の中には知られていない供養方法もあります。
ダイヤモンド葬がそれにあたります。
ダイヤモンド葬は、遺骨から製作したダイヤモンドで常に身につけて供養することができるものです。
手元供養の一種ですが、骨を加工していますのでお墓は一切要らなくなります。
しかし、紛失するリスクや製作されると個人が証明ができないというリスクがあります。
次に2014年に出版された本が話題となった0葬です。
0葬は遺骨を火葬場で受け取らないというものです。
後の処理は火葬場がしますのでもちろんお墓は必要ありません。
基本的には、お骨は廃棄物として処理されることになるようです。
また、自宅安置という方法もあります。
ご遺体を自宅庭に埋めたりしなければ、自宅に保管することは法的には問題がありません。
もちろんずっと安置することはできませんが、納骨するまでの間、手元に置いておくことはできます。
こちらでご紹介した方法は、親戚などの理解を得ることができない場合もあり、親戚トラブルに発展することもあります。
ですので、しっかりと生前からの話し合いが必要なのです。