永代供養と墓じまいの違いって?

ライフスタイルの多様化と同様に、供養のスタイルも色々と選ばれているようになっており、昔ならではのスタイルは減ってきています。

しかし色々な供養がある現在ですが、それぞれの形がどのようになっているか、違いがよく分からないということも多々あります。

現在選ばれている供養の形は色々とありますが、供養に関して分からないことと言えば、永代供養と墓じまいの違いではないでしょうか。

 

社会が変化したことによって選ばれるようになりました

現代社会は家族関係が昔とは変わっており、核家族化、また単独世帯というのもかなり増えている状態です。

また少子化も進んでおり、なかなかお墓を引き継いでお世話していくということが難しくなっているといって良いでしょう。

そのため、少し前までであれば地方で増えていた無縁墓が、現在では都市部の墓地でも増えてきている状態です。

そのため、今後自分の子どもや孫たちにお墓の世話をお願いすることは避けたい、負担をかけたくないということから墓じまいをする人が増えている状態です。

そしてそれと同時に永代供養をする人も増えてきており、現在では結構ポピュラーになりつつあるといっても決して過言ではありません。

 

墓じまいと永代供養の違いを理解しましょう

墓じまいとは、その名から連想できる通り、お墓をしまうこと、つまりお墓を解体したり撤去したりすることを指します。

これにより、霊園などにお墓がない状態になるので、もう子どもや孫がお墓の世話をする必要がなくなります。

だから、お墓の世話をする人がいないとか、世話をする人がいなくて無縁墓になってしまうということもなくなります。

永代供養はお寺や霊園に供養を任せることを言い、子孫にお墓の世話が引き継がれることはありません。

そのため、子どもがいない人などにもおすすめの方法と言われており、これを選ぶことによって無縁墓や無縁仏になるということもありません。

ただ、墓じまいも永代供養も似たような感じがしますが、決して同じというわけではありません。

そもそも墓じまいは墓石を解体したり撤去したりする後に、色々な供養のスタイルを選ぶことができるようになっています。

もちろんその際に永代供養を選ぶことも十分可能となっているので、その人の自由だといって良いでしょう。

反対に永代供養は管理を全て霊園、墓地に委託するものとなっており、自分たちで今後の供養のスタイルを選ぶことができません。

したがって、どちらも供養の形の一つということはできますが、誰が供養するのか、自由度はどれくらいあるかなどで違いがあることを理解しておきましょう。

 

どちらを選ぶと良いのでしょうか

墓じまいと永代供養は似てはいますが、決して同じ物というわけではなく、全く違っているものなのでその点は理解しておきましょう。

もちろんどちらも今後のことを考えての対応となるのですが、どちらもその人自身の意見を尊重して行うこともできます。

ただ、墓じまい自体はその後改葬したりすることもできるし、散骨を選ぶことももちろん可能となっています。

反対に永代供養は今後のお墓の管理がないので、非常に楽な供養のスタイルだといっても良いでしょう。

ただ、どちらの方法が正しいとか、どちらがより故人のことを想っているというのはもちろんなく、両者に優劣をつけることはできません。

したがって、実際には今後の家族構成ライフスタイル、さらに置かれている経済状況などで選ぶことになります。

 

現在では様々なライフスタイルを選ぶことができるようになっているので、供養の形も色々とあります。

その中でも注目されているのは永代供養や墓じまいで、どちらも今後のお墓の世話をしなくてもよくなるという点では同じです。

しかし墓じまい自体はその後の供養の形を選ぶことができますが、永代供養はその後の供養は霊園やお寺に委託するので選択の余地はありません。

ただどちらが良いというのは決してないので、置かれている状況や家族構成、ライフスタイルなどで選びましょう。

さいたま市永代供養コラム