さいたま市で永代供養墓を比較&検討する3つのポイント

比較、検討のポイント3つ人口が都市部に集中し、地方は過疎化が進んでいます。
そんな中で、お墓の管理ができずにいたり、お墓自体の存在を知らない子の世代が増えるなどして、無縁仏となってしまうお墓も少なくありません。
まさに現代ならではの悩みですが、決して他人事ではありません。
そんな現代だからこそ人気が出てきているのが、永代供養です。
永代供養は、お墓を継承する必要もなく、基本的には一度決まった料金を支払っておけば、お布施などはかからないことがほとんどです。
しかし、そのお寺や霊園によって金額や制度などはまちまちです。
そのため、なかなか比較・検討することが難しいのですが、比較する際にあらかじめいくつか決め事を作っておけば検討しやすくなります。
では、今回は、都市部でも人気が上がってきている埼玉県さいたま市の永代供養墓を比較&検討するためのポイントをご紹介していきましょう。

ポイント1.はじめから合祀か個別供養か

永代供養墓は、子や孫がお墓を継ぐという継承義務はありません。
継承義務とは、一般的なお墓には必ず付いてくるもので、子や孫がお墓を継いでいくことです。
もちろん、お墓を継承するということは、そのお墓の管理もしていかなければなりません。
お墓の掃除や法要の執り行いなどもあり、管理費の支払いやお布施の支払いも継承されます。
一般的なお墓にかかる費用は細々とはしているものの、総額にすると結構な出費になります。
お布施などは、1回につき3万円〜5万円が相場と言われていますが、檀家になれば寄付などもあり意外とお金がかかるのです。
それに比べて、永代供養は遺骨を管理する年数や供養形態によって費用が決まります。
まず、費用が大きく分かれるのが供養形態です。
一般的なお墓は、遺骨を埋葬するとずっとその墓石の下に個別で埋葬されることになります。
しかし、永代供養墓では、はじめから合祀といって他の遺骨と一緒に埋葬される形と、決められた年数だけ個別でその後は合祀される2つの形態があります。
合祀されると、再びお骨を取り出すことはできませんが個別の埋葬よりも費用はかなり安くなっています。
それに比べて、個別供養は契約した年数だけは個別で埋葬されます。
だいたいは、最長で33回忌でその年数によって費用が異なります。
もちろん、個別供養の年数が長くなるほど高くなる傾向にあります。
この個別供養の期間や供養方法が各施設によって異なるため、費用に差がでてくるのです。
まずは、個別供養をするのかしないのか、個別供養をするなら何年間と考えているのかをはっきりとさせておくことで、そこを基本に比較&検討をすることができます。

ポイント2.利便性の良さ

ポイント2つ目は、利便性の良さです。
一般的なお墓もそうですが、やはり残された子供や孫のことを考えるならお墓参りがしやすい利便性の良い場所を選ぶべきです。
すでに地方にあるお墓を移すのであればなおさらです。
さいたま市にある永代供養墓は、たいてい駅やバスなどで行ける場所にあるため利便性がかなり良いと言っていいでしょう。
なるべく、お墓参りをする人が大変な思いをしないところを選びましょう。

ポイント3.価格が分かりやすくなっているところを選ぶ

最後は、価格表示です。
永代供養墓は価格があってないようなものです。
新しくできたものでもありますし、価格はその施設ごとに違います。
しかし、価格が複雑になっているところよりも単純な価格表示になっているところが良いです。
複雑な価格表示になってると、後から予想外の請求をされてしまうなんてこともあります。
余計なお金がかからないと思っていても、オプションは別料金なんてこともあるのです。
トラブルを避けるためにもこのポイントを抑えておきましょう。
永代供養墓は、新しい形のお墓なので色々な融通も利きますが、難しいことも多いです。
ですので、自分の希望をしっかりと持った上で、色々な施設を比較&検討するのが良いでしょう。

 

永代供養墓一覧はこちら

さいたま市の永代供養墓ランキング!
いわつき聖地霊園 時のともしび
東光寺 おおみや涅槃堂(ねはんどう)
【大龍寺墓苑内】岩槻博愛の絆(はくあいのきずな)
うらわ美園霊苑 永遠の絆(えいえんのきずな)
浄安寺(じょうあんじ)