さいたま市で格安の永代供養墓を探すポイント

さいたま市で格安の永代供養墓を探すポイント永代供養墓というお墓のスタイルに注目が集まっています。
しかし今までもお墓というと永代使用料というものがありました。
永代供養とはお墓を面倒みる方がいなくなってもお寺や霊園が代わりにお参りをしてくれるものです。
永代使用とはお墓の土地を借りて使用するという意味です。
永代供養墓とは違います。
最近のお墓事情や継承者がいないという時代の流れによって登場した新しいスタイルのお墓です。
ここではさいたま市で格安の永代供養墓を探すポイントについてご紹介します。

 

探すポイント1:永代供養墓といっても未来永劫ではない

永代供養墓といっても未来永劫お参りしてくれる訳ではありません。
本来なら身内や親族がお墓参りをしますが、それができない場合に寺院や霊園が管理や供養をしてくれるタイプのお墓です。
注意しないといけないのは「永代」とついていても未来永劫ではないということです。
遺骨の安置時期は一定期間が設けられています。

つまり安置時期をどの程度にするかによっても費用は変わります。
この一定期間を過ぎると合祀という方法をとり、他の遺骨と一緒に永代供養墓(合祀)されて供養されます。
これは弔い上げにも似ています。

33年や50年という節目になると子どもも高齢になり年忌を続けることが難しくなります。
地域によっては50回忌になると墓石を倒して無縁仏にしてそれ以降は先祖霊として祀ることもあります。
この時以降身内では法要をしないのでお寺に永代供養をお願いすることになります。

このように一般的には33年や50年で永代供養になるのが通例でしたが、それを最初から永代供養付きにして、その後は弔い上げのように他の遺骨と一緒に埋葬するようにします。

10年、20年、30年、33年、50年といった形で永代供養墓が提供されていますが、これらは永代供養墓といっても小さい墓碑が刻まれているので実質的には小さいお墓のようなスタイルになっています。
どこに弔われているのかもわかるようになっているものもあります。
永代供養をどこまでしてもらうかによっても値段は変わります。

探すポイント2:合祀にするか個別にするか

非常に安いところならさいたま市でも3万円や5万円で永代供養墓を探すことが可能です。
しかしこれらの多くが合祀という方法で弔われるので、個別墓としては成立しません。
また個別墓で骨壺に入れてもらえるなら、後で改葬する、遺骨を他に移したいという場合でも可能になりますが、合祀になると他の遺骨と一緒に埋葬されることが多いので遺骨を取り出すことが不可能になります。

それでも良いという場合には合祀で永代供養墓を選ぶと、10万円から探すことが可能になります。
合祀が悪いという訳ではありませんが通常のお墓を作る場合、東京近郊の霊園や墓地でも150万前後はします。
それが10万や20万、個別の永代供養墓なら33万程度で探すことが可能です。

探すポイント3:管理料がかからないところを選ぶ

理由はわかりませんが、何かの名目で管理料を取るところがあります。
しかしなぜ必要なのでしょうか?
さいたま市にある霊園や墓地には永代供養墓でも管理料などを一切取らないところが数多くあります。
実は生前予約した方だけは、その場所を維持する必要(つまり予約しているから)があるので年間数千円程度かかることもありますが、亡くなった後はかかりません。

管理料を取るところや何か違う名目で費用がかかる場合は考えたほうがよいかもしれません。
永代供養墓のメリットは一式を支払うことで永代(期限がある)に渡り供養してもらえることです。
亡くなってからも管理料がかかるのは良い話ではありません。
もちろん生前で一括支払いをした場合に管理料が半額になるというお墓もありますが、なぜ費用を別にするのでしょうか?

このような意味からも一括で全て含まれているタイプのほうがよっぽどわかりやすく死後心配もありません。
それこそ格安でよい永代供養墓を探せます。