家族葬を行うならさいたま市にある永代供養がおすすめ

家族葬を行うならさいたま市にある永代供養がおすすめ現在では、色々な種類の葬儀が出てきました。

そのため故人やご遺族の意向に沿った葬儀を行えるようになりました。

そして日本の大都市であるさいたま市でも、多くの葬儀屋の種類がありしのぎを削っています。

また、その中で家族葬というものが注目されています。

 

 

 

家族葬とは?

まず家族葬と呼ばれるものは身内や親戚など、生前親しく交流していた方々が集まって少人数で故人を弔う葬式のことを言います

ですから、家族中心となって行うことがほとんどです。

また、お葬式の規模は通常のものよりこじんまりとしたものになります

しかし通夜から火葬まできちんと通常の葬式と同じように行います

 

 

 

家族葬はとても人気!

そして近年では家族葬がとても人気となっています。

この理由としては日本は高齢化が進行したことで参列する人数も昔と比べて減少傾向にあり、近所づきあいなども積極的に行わなくなったからです

 

そのため「家族や親しい間柄の方だけで葬儀を行えばいい」

「葬儀だからといってなるべく他の方と関わり合いたくない」

というケースが多くなっているので人気となっています。

 

また、一般的なお葬式を挙げると規模が大きいため準備がかなり大変でかなり労力を要することが多いです。

さらに、お葬式に参列された方々への香典返しや会食の際の食事の用意などをしなければならず高額な費用がかかってしまいます。

しかし、家族葬では参列者が少なく規模が小さいため準備の負担も少ないうえに安くお葬式を行うことができます

ですから「お葬式における費用をできるだけ節約したい」

「できるだけ手間をかけたくない」 という方の間で家族葬を選択することが増えています。

 

 

 

家族葬を行うなら永代供養がいい

まず永代供養とは寺院や霊園などでずっと永遠に供養をしてくれることで、

このために設置したお墓のことを通称「永代供養墓」と呼びます。

そして、家族葬を行うなら永代供養がいいでしょう。
なぜ永代供養がいいのかというといくつかの理由があります。

 

① 費用がリーズナブルに済む

基本的に、永代費用を行う際にかかる費用に関しては利用する寺院や霊園などの施設によってかなり差がありますが10万円から80万円くらいが相場となっています

それに対して一般的にお墓を建てる場合は200万円くらいの費用がかかることに加えて、お墓を維持するための管理費も必要となり莫大なお金が要ります

ですから、一般的なお墓より永代供養の方がかかる費用が3分の1以下になるのでコストの節約ができます

 

② 宗教・宗派を問わない!

また、永代供養墓は宗教や宗派を問わず入ることができるお墓です。

そのため、日本に住んでいる仏教の方ならどこの宗派でも入ることができます。

また、神道やキリスト教といった仏教ではない宗教を信仰している方でも大丈夫なので敷居がとても低いです。

なので、宗教や宗派に関して悩んでいるという方にとって永代供養はうってつけです

 

③ 無縁仏になる心配がない

一般的にお墓の管理というのは残された遺族にとってかなりの負担となります

特に、墓地や霊園から距離が遠い場合は何かと不便です。

そのため、無縁仏になってしまうという可能性があります

しかし、永代供養墓の場合は霊園やお寺が永遠に責任をもって供養をしてくれるので、家族や親戚といった遺族の方々がお参りをしなくても無縁仏になる心配がないので安心です

 

 

 

興味があるなら問い合わせをしよう

さいたま市には家族葬や永代供養を取り扱っている葬儀会社がたくさんあるので、

葬儀や供養の方法に関して興味があるなら一度問い合わせをしてみるといいです

 

 

そして、弔い方法を決める際には悔いのないように慎重に相談することが大切です