永代供養の契約を結んだ後の解約はできる?

永代供養の契約を結んだ後の解約はできる?

最近はお墓を継承しないで済む永代供養という埋葬方法に注目が集まっています。
しかし永代供養墓の契約をしたのに、解約したいという方もいます。
しかし一旦契約を結んだ永代供養墓は解約できるのでしょうか?
ここでは永代供養の仕組みと契約、永代供養の解約について解説します。

 

永代供養の話の前に永代使用との違いを知る

そもそも永代使用と永代供養がセットになったものが一般のお墓の常識でした。
これは自分の代だけでなく子どもの世代も利用できるサービスが永代使用と永代供養です。
特に永代使用は土地のことを指しています。
例えばお寺などが管理している土地を借りる、分け与えるという形が永代使用と呼ばれるものです。

そこにお墓を建てるというのが今までのお墓の形でした。
このような永代使用や永代供養は途中で解約できません。
またこの時に使われている永代供養とはお坊さんがお墓に関するお世話を行ってくれる(または霊園や墓地の運営者)ことです。

しかしこの永代使用という形でも墓地を買うということが前提になっているので、解約という仕組みが存在していません。
不動産と違うので、売る・貸すということはできません。
また墓地以外の目的で使用することも不可能です。
墓地を解約したとしても管理者に権利を返還したとしても永代使用料自体は戻らないことが普通です。

最近の永代供養とはどんな方法か?

一般のお墓を購入する場合でも永代使用料という土地を購入する方法と永代供養といって運営・管理してくれる方法があることがわかりました。
しかし最近では新たな永代供養墓という仕組みが出てきました。

 

○永代供養墓

永代供養は一緒の意味で、墓地や霊園が管理・運営してくれます。
しかも供養も行ってくれます。
一般のお墓と違うのは次の世代は使えない、場合によっては10年から33年程度の埋葬で終わり、最後は合祀されて他のご遺骨と一緒に供養されるようになります。

・このスタイルは独身だった

・お墓を継承する方がいない

・お墓を管理する遺族がかわいそうだ

といったことから広まりました。

もちろんお墓がないと困るので、このようなスタイルが広まったのでしょうが、ある時期までしかお墓のお参りができません。

この永代供養墓は合祀タイプと呼ばれるものがメインになっていますが、中には個人タイプのような個別に埋葬されるものもあります。
生前に費用を納める人も多いので親族に迷惑をかけない方法として注目されています。

 

○解約について

しかしこのような永代供養墓は一旦契約してしまうと解約は難しいと言われています。
ほぼ事前に全額振り込む形になっており、仮に埋葬されてしまった遺骨を取り出せたとしても、そのあとの残りの費用まで返してもらうのは不可能です。
ただし解約というよりも遺骨を取り出して他で埋葬するということは個別墓形式なら可能です。
これはよくある方法なので、合祀でない限り可能です。

また解約するにしてもお墓自体の値段がかなり安いということもあります。
例え裁判で争ったとしても30万程度なら裁判費用に消えてしまうかもしれません。
最も都心部にある永代供養墓なら首都圏内にある普通のお墓並みに高いところもあります。
そのようなところでは大抵約款に解約不可能と書かれていることが多いようです。

これらはトラブルを避けるためにも事前に確認しておくとよいでしょう。
ないとは思いますが、といいながら解約したくなった場合はどうするのかを確認することです。

 

○納骨堂

ちなみに納骨堂は、

・比較的依託時期(安置しておく期間)が選べる

・契約更新する

・解約する

ことも可能という運営が多いようです。
この辺りは永代供養墓や普通のお墓と比べて融通が利きます。
その理由はやはり埋葬しないからということに尽きるようです。
納骨堂は遺骨を納めておくことがメインになります。
つまりご遺骨はいつでも取り出せるようになっています。

一方で永代供養墓は土に埋葬する、合祀するというケースもあるので、遺骨を取り出すとなるとやはり大変だという物理的問題も生じます。
いずれにしても永代供養は契約を結んだあと、クーリングオフのように解約できないところがほとんどです。