永代供養の料金や相場はどのくらい?

さいたま市には永代供養墓がたくさん存在するので、自分の希望に合ったところを選びやすいと言えます。

今回はこの種の墓に関して料金などの特徴を紹介すると共に、選ぶ場合の注意点について書いていくつもりです。

 

永代供養墓の人気の理由について

最近では少子高齢化が進み従来のような墓ではなく、お墓を継続的に守る人がいなくても継続して管理や供養を行ってくれる永代供養墓を利用する人が増えています。

また、この場合には合祀であったり夫婦二人だけの墓であるなど、色々なタイプの墓を選ぶことが可能です。

そして費用としては合祀の場合は個別の墓石が必要ないため、一般の墓よりかなり安い金額が可能となり目安としては10万~30万と言われています。

これに対して自分だけあるいは夫婦だけの墓にする場合には使用期限内では一般的な墓と同じようなお参りが可能ということもあって30万~200万程度の金額になることが考えられます。

さらに維持費などの必要な費用に関しては一切不要のところや全てを一括して前払いするところが多いので、この点でも安心して購入できると言えるでしょう。

さらに、この種の墓では一般の墓のような故人の戒名を使わないことも使うことも可能であり、希望する場合には手彫りのものや機械彫りなどの異なるタイプを選べるという良さもあります。

 

さいたま市の永代供養墓の特徴

さいたま市はアクセスがしやすく都心のベッドタウンとも言われる地域で、多くの人が住んでいたり通っているため、ここでのこの種の墓の数は多く色々なメリットのあるところを探せます。

例えばどんな宗派でも利用できたり生前での成約が可能であるようなところはたくさんありますし、植物を利用した樹木葬やペットも入れる墓などの独特な種類の墓を選ぶことも可能です。

さらに希望に応じた引き取りをしてくれたり、お供え物などをレンタルするようなところもあるので、便利な場所を探している人にも向いているでしょう。

また、落ち着いた雰囲気だったりバリアフリーであったりすれば、高齢であったり体調にそれほど自信のない人も行きやすいはずですが、そんなところも探すことができるのでプラスになりやすいでしょう。

さらにタイプとしてはモダンな建築のところも歴史や文化などを感じられるところなど、色々な感じのところがあるので、それぞれの好みに合ったところを選ぶことも可能です。

 

選ぶ際の注意点

この種の墓は希望に合ったものを選びやすいはずですが、それと同時に注意した方が良い点もいくつかあります。

その1つは維持費に関してですが、この場合には墓に関わる費用を購入のときに全額払う形になるところが多いといっても、全てとは限らず年間管理料などを毎年払うところなどもあるので、その点については事前によく調べてみることが必要です。

また、この種の墓では管理や供養をしてくれる霊園や寺院のやり方がそれぞれ異なっているはずなので、自分の希望や宗派に合ったところを選ぶようにすることが大切です。

また、このような場合には遺品に関して、故人と一緒に供養したり供養をして焚き上げるようなところもあるので、そのような遺品の対応に関しても考えておくと良いでしょう。

さらに、この場合に一度合祀してしまった場合には遺骨を取り出せないのでその点での注意も必要です。

そして特に大切なことの1つとして、このような墓が自分だけでなく家族も納得できるかをよく考えてそれを確認した上で依頼するということがあります。

 

永代供養墓は少子高齢化が増えているということもあって、人気のある墓の種類です。

そしてさいたま市にはそのような種類の墓がたくさんあり、それぞれの希望に合ったところを選びやすいと言えます。

費用に関しては合祀ならばかなり安く、それ以外の場合は一般の墓と同じようなお参りが使用期限内にできますが金額は合祀の場合より高めになります。

なお、このような種類の墓を選ぶ場合には維持費を調べたり、家族の同意を得るなどということも大切と言えるでしょう。