永代供養墓への墓参りの服装や持ち物に決まりがある?

一昔前は、お墓を設けて遺族や子孫が手入れをして管理していくことが一般的でしたが、結婚しない人が増えている今の時代では、お墓を購入しても手入れしてくれる人がいないといったことも珍しくはなくなり、永代供養という新たな供養のスタイルが生まれました。身寄りや跡継ぎがいないという場合だけではなく、子供や孫に迷惑をかけたくないと考える人からも選ばれるスタイルとなっています。

料金も安いなど様々なメリットがありますが、永代供養をしてもらった場合に永代供養墓へ墓参りをするということもあります。その際には、一般的なお墓に参る時と何か異なる点があるのかで悩むのではないでしょうか。マナーをしっかりと把握しておくことが大切になります。

 

永代供養墓へ墓参りをする際の服装

お墓参りに行くときの身だしなみは、普段どおりで問題はなく、気軽に足を運ぶことができるようになっています。お寺や霊園など管理や供養をしてくれる場所による違いもありますが、あまり派手な服装は避けて暗めの色の服を着ていくと無難です。
観光地になっていたり一般的な人のお参りも多い、大きな規模のお寺などの場合には、喪服などを着ていくと逆に浮いてしまうということにもなるので、場に合わせた身だしなみを心がけていくようにしておきましょう。

 

永代供養墓への墓参りに持っていくべきもの

基本的には手ぶらでも問題はありませんが、線香やお花、食べ物などのお供え物を持っていくのも良いのではないでしょうか。しかし、お寺や霊園など、管理や供養をしてくれている場所によっては、お供え物に制限を設けているケースもあり、持っていってもお供えすることができない場合もあるので、事前にしっかり確認してから足を運ぶようにしましょう。
特に、集合型の場合にはお供え物は禁止となっていることも多いです。屋外の場合には、動物の被害に遭う可能性を考え、食べ物飲み禁止となっているケースも珍しくはありません。

 

種類による墓参り方法の違いについて

一口に永代供養といっても、合祀型と個別型、樹木葬といった種類があり、その中でも屋内か屋外かという違いもあります。合祀型は、他の人の遺骨と一緒に一つの墓へ埋葬されるタイプであり、よりマナーには気をつける必要があります。個別型は、他の人の遺骨とは別に用意されたお墓で、希望する遺骨だけを埋葬出来るようになっていて、ロッカー型や自動搬送式、仏壇式など様々なスタイルがあり、より気軽にお墓に参ることができるようになっているのも特徴です。

種類により墓に参る方法に大差があるというわけではありませんが、お寺や霊園など管理や供養をしてくれる先により決まりには違いがあることも多いので、事前によくチェックしておくようにしましょう。

 

特別な日というわけではなく、日常的なシーンのお墓参りの場合には、永代供養墓だからといって身だしなみに特に決まりがあるわけではありませんが、極端にだらしない格好や派手な格好は避ける方が良いことは確かです。気をつけておくべき点は、持ち物ではないでしょうか。どのような種類の永代供養なのかによる違いや、供養や管理をしてくれる先による決まりの違いもあるので、事前にしっかり確認しておくことがポイントとなってきます。一度永代供養をしてしまうと、その後変更をすることはできないからこそ、よく考えて選ぶべきです。

お供え物をしたいと考えている場合には、持ち物に決まりがないのかということは重要なポイントとなってくることは確かです。リーズナブルな金額で供養してもらえる、今の時代ならではのスタイルということは確かであり、メリットは多々ありますがどこを選ぶのかによって、ルールには違いがあるので、事前に複数を比較してより希望に合っているか管理と供養をしてくれる場所を選んでおきましょう。