永代供養墓とは何?

永代供養墓とは何?

 

近年お墓の在り方が変わりつつあります。
これまで先祖代々受け継いていくという形が多くありましたが、近年では永代供養墓を選ぶ人も増えてきています。
では近年増えつつあるお墓の在り方とは一体どの様なものなのか詳しく紹介するので参考にしましょう。

 

変わりつつあるお墓の在り方とは

日本は少子高齢化を迎え、核家族が珍しい時代ではなくなりました。
昔であれば三世代同居というのも良く見られた光景ですが、近年では夫婦と子供と暮らし、おじいちゃんおばあちゃんとは離れて暮らしているという人も多くなっているでしょう。
その様な時代の中で、お墓についても考えなければいけない時代になってきています。
これまでは先祖代々お墓を受け継ぎ守っていくというのが当たり前になっていましたが、今では家族の人数が減少し、受け継ぐ人がいないという問題が出てきています。
そこで注目されたのが永代供養墓です。
この墓は受け継ぐことが出来ない人に変わって寺院でお墓の管理を代わりにやってくれるお墓のことを言います。
例えば子供達もみな独立し家を継がない家庭であったり、転勤族で地元にとどまらず各地を転々とする家庭などなかなかお墓の管理をすることが難しくなってきます。
誰が管理をするのかという問題も出てくる為、その際にこのお墓を選ぶ人が多くなっています。

 

リーズナブルな価格で利用出来る

代々受け継ぎ管理するお墓から寺院に管理をお任せするお墓へと変わりつつありますが、寺院にお任せすることによるメリットもたくさんあります。
①まず掃除などお墓の管理をしっかり行ってもらえるので、なかなかお墓参りにいけないからとお墓が汚れてしまうという心配がいりません。
②また一般的なお墓と比べると簡易的なお墓が多くなっており、費用面でもリーズナブルになっています。
一般的なお墓では土地を借りる際の費用であったり墓石代、管理費など様々な費用が掛ってくるため、数百万円といった金額も珍しくありません。
それと比べるとかなりリーズナブルな価格で利用することが出来ます。
数十万円で利用することも出来る為、利用者が増えてきています。
③また、埋葬の仕方も様々あり遺骨をまとめて埋葬する合祀タイプ個別に納骨壇に納骨をするタイプなどあります。
それぞれの寺院で埋葬の仕方が異なるのでどのタイプが良いのかじっくり選ぶことが大切です。

 

自分達に合ったお墓を選ぶことが大切

お墓の管理は難しく、定期的に掃除やお花など供える必要があります。
何もお手入れをしないと雑草が生えてきたり、お墓自体がどんどん汚くなってしまいます。
その様な管理も寺院で行ってもらえるので、遠方に住んでいるなどでなかなか足を運ぶことが出来ない人にとって大変便利です。
従来のお墓の形を選ぶかどうかはなかなか自分達だけでは決めることが出来ない場合もあります。

〇墓じまいする場合はよく話し合いをする
また、近年墓じまいをして移動してくるという人も増えています。
その場合、中には反対の意見が出るという場合もある為きちんと話し合うことが大切です。
お墓はどの様な形であれ、故人を供養し偲ぶことが大切です。
核家族化が進む中で、お墓の在り方についても考えなければいけない時代に突入しているのではないでしょうか。
その中で自分達に合ったお墓はどの様なお墓なのかをしっかり考えることが大切です。
これからの時代ますます核家族化が進んでいきます。
管理する側にとって一番良い方法はどの様な方法なのか、しっかり考えてお墓を選ぶことが大切です。

〇まとめ
一緒に暮らす家族の人数が減る中で、代々受け継いできたお墓から、寺院で管理してもらうことが出来る永代供養墓を選ぶ人が増えてきています。
自分達で行う管理の負担を減らすことが出来、なかなかお墓に行けない人にとって大変便利です。
自分達に合ったお墓とはどの様なお墓なのかぜひしっかり考えましょう。