さいたま市内のお寺系永代供養の年間負担額の相場について

年間負担額の相場近年人気の出てきている墓参、供養の負担を軽くしてくれる永代供養は、全国的に広まりを見せています。
先祖の供養を怠ってはいけないと思いつながらも、なかなかまめにお墓に行くことができない人が多くなっています。
そんな中で、普段の供養をお寺や霊園に任せられる永代供養は、現代人にとっては非常に便利な制度と言えるでしょう。
しかし、ここで気になるのはその費用です。
一般的なお墓は、供養の際に供物を購入したり、献花の花や焼香の線香を購入しなければならず、その度にいくらかのお金もかかりますし、法要となればお布施も必要になります。
それらのほとんどを代行してもらうことができる永代供養、もちろんそのための費用を支払わなくてはなりません。
では、その金額はどれくらいなのか、というとこればかりは施設ごとにかなり差があるとしか言えません。
だいたいの目安として言われているのは、50万円前後です。
しかし、これも供養の仕方や納骨費用、供養の期間などによりかなり差が生まれてしまいます。
けっして、安い買い物ではないのでここでしっかりと、料金の仕組みなどを理解し、その上で予算的なものと照らし合わせて考えることが必要となります。
では、ここで、さいたま市内のお寺系永代供養の年間負担額の相場について少し詳しく見ていきましょう。

お寺での永代供養の相場

まず、永代供養の全体的な相場についてですが、相場の料金は分かりづらいところがあります。
もともと、供養は心情的な割合が強いもので、人それぞれの価値観で捉え方が異なります。
よく、お坊さんにお布施の相場などを聞くと「お気持ちですから」と言われると思いますが、それにより金額に差がでるようです。
全国的に料金を調べてみると、一番安くて5万円を切るところもあれば、高いところですと300万円以上という所もあります。
これらの金額は、寺院の格式や民間か公営か、納骨堂のタイプや立地、供養内容、供養期間などが影響してきています。
例えば、名前が通ったお寺などでの永代供養は高額で、逆に公営は安いです。
また、景勝地の霊園などは高額で、納骨堂の規模が小さければ安価になる傾向があるようです。
他にも、納骨スペースの広さによって金額に差が出たり、夫婦や親子で一緒に祀ってもらえるプランや改葬して親族全員でまとめてもらえるプランなどもあり、料金体系は複雑になっているのです。
お寺に限って見てみると、宗派によっても金額が異なりますので一概には言えませんが、10万円〜80万円程度が相場と言われています。
さいたま市のお寺での永代供養も10万円〜と考えるのが基本のようです。
これは、永代供養料で年間の管理費や設備費なども含まれた基本的なプランの金額になります。
納骨前までに手続きを済ませておくことになりますので、納骨後に費用がかかることはありません。
しかし、実際に納骨されるまでは仮予約のような形になりますので、その際に年会費や護持会費というものをいくらか支払うことはあります。
これは、お寺によっても違いはありますが、年間で約1万円前後と考えて良いでしょう。
ですので、一度契約してしまえば、年間に負担するものは無いのが永代供養です。

さいたま市の永代供養は便利

さいたま市のお寺は、都心からも近く車だけでなく電車で行くことができるところも多くあります。
いつでも行こうと思えば行ける場所にある、そんな利便性に加えて、永代供養料が都心部よりも低価格なのも魅力の一つです。
永代供養を考えるなら、低価格でしっかりした管理をしてもらえるさいたま市のお寺での永代供養がおすすめです。