さいたま市&隣接地域の永代供養のオプショナルサービスについて

永代供養のオプショナルサービス

 

オプショナルサービスの内容は納骨堂によって多種多様です
さいたま市において永代供養を行っている納骨堂はたくさんあります。
納骨堂によって用意されているオプショナルサービスはさまざまです。
納得できる永代供養を実現するために、さいたま市とその隣接地域の納骨堂がどのようなオプショナルサービスを用意しているのか確認してみましょう。

 

 

故人の霊を供養するための位牌を選ぶ

位牌とは、故人の戒名を記したお札のことです。
永代供養を行うためには位牌は必ずしもなくてはならないものではありません。
実際に、位牌を作成せずに永代供養を申し込んでいる方も少なくありません。
一方で、永代供養に位牌は必ず必要だと考えている方も多いです。
位牌を作成しなければきちんと供養できていないと感じる方もいるので、納骨堂の方に相談しながら、位牌を作るべきかどうか、どのような位牌を作るべきかをしっかり検討しておきましょう。
位牌は故人の霊を供養するものであると同時に、遺族の心の支えにもなるものです。

独特の味わいがある手彫りと画一的な機械彫り

位牌には手彫りと機械彫りの2種類の彫り方があります。
方法によって位牌の出来栄えが変わってくるので、その特徴を理解して、位牌の彫り方を選びましょう。
手彫りは、専門の職人の手で直接位牌を彫る方法です。
職人の腕次第で文字の仕上がりが大きく変わってきます。
職人によって出来上がる位牌の雰囲気はもちろん、品質にも差があります。
そのため、あらかじめ位牌作りを頼みたい職人の見本を見て、「こんな位牌を作成してもらいたい」と遺族が思える職人に依頼することが大切です。
機械彫りの場合は、ほとんど差が出ることなく、同じような形で文字を彫られます。
字体の種類が複数あるため、字体の見本を見て彫ってもらいたいものを選べば、その字体通りの文字を位牌に彫ることが可能です。
一方で、人の手で作られることによって生まれる独特の味わい深さはなく、出来上がる位牌の文字は画一的です。
永代供養を頼む納骨堂の方に相談しながら、見本を見比べて、手彫りと機械彫り、どちらで位牌を作成するか検討してみて下さい。

法要に参加する人数や規模によって費用が変わります

永代供養を行うにあたって、亡くなった方の家族や親族、親しい友人や同僚などが集まって、法要を行います。
一般的には、忌明けの四十九日に法要と合わせて永代納骨を行う場合が多いです。
法要に参加する参列者の数によって、その形式も費用も大きく変わってきます。
例えば、参列者が5名程度であれば、永代墓前にて、最低限の費用で法要を行うケースが多いです。
一方で、参列者が30名以上の場合は本堂の祭壇を使用して法要を行う場合があります。
参列者が100名を超える大人数の場合は、広い会場を用意して、会食の準備まで行う場合もありますし、大規模になる分だけお布施の金額も高額になるケースが多いです。
遺族の方同士が集まって、法要にはどれくらいの人数を呼ぶのか、どれくらいの規模で行うのか、相談して選びましょう。

品の供養を行ってくれる納骨堂

さいたま市にある納骨堂によっては、遺品の供養を行っている場合もあります。
遺品の多くは、遺族や遺族の親しい方々の間で形見分けして引き継ぐものです。
一方で、遺品のなかには、故人が生前大切にしていたことから、故人とともに供養してもらいたいものがある場合があります。
また、さまざまな事情で取っておくことがむずかしいものの、普通のゴミとして捨てることに抵抗を感じて供養してもらいたいという方もいます。
遺品の供養方法に関しては、納骨堂によって変わってくるものの、納骨堂が遺品を預かって供養した後、焚き上げることが多いです。
遺品の処分に悩んでいる方は、遺品の供養に対応している納骨堂の利用を検討してみて下さい。