永代供養でもお盆に行くべき?


お盆は、故人や先祖を供養するための大きな行事ですが、永代供養を選んだ場合、どうすればいいのか分からないという方も多いでしょう。

ここでは、供養についての心構えや、その方法などについて分かりやすく紹介します。

基本的には供養や管理をする必要はない

永代供養というのは、霊園や寺院にご遺骨の供養や管理を全て任せるという供養方法であり、現代のニーズに合った供養方法として最近注目を集めています。

この方法が選ばれる理由としては、お墓の後継者がいない場合や、子供にお墓を管理する負担をかけたくない場合などがあると言えるでしょう。

そして費用に関しても一般的なお墓を建てる場合よりも、かなり安く済ませることが出来るというメリットがあります。

この供養方法は、霊園や寺院などに供養等を一任出来るため、基本的に、契約を済ませてご遺骨を納めた後は、利用者はお参りやお墓掃除などを一切行う必要はありません

それに、お墓の後継者が全くいないことを理由に申し込んだ場合は、そもそも誰もお参り等をすることは出来ないでしょう。

ですので、そうしたケースの場合は悩む必要はないのですが、故人の家族など、供養が出来る方がいるケースでは、その供養方法について考えておくことも重要になります。

気持ちの問題として供養することは大切

そもそもお盆というのは、ご先祖様が家に帰ってくるとされる期間のことであり、全国的には8月13日~16日まで(一部地域では7月13日~16日まで)の期間を指します。

そしてこの期間は、会社が休みになることが多いため、その休暇を利用して実家へ里帰りをし、お墓参りするという方も多いと言えるでしょう。

この期間は、普段はお墓参りをしない方や、したくても出来ない方も供養を行うことが出来ますし、ご先祖様や故人に思いをはせるための良い機会だと言えます。

ですので、ご遺骨の供養や管理を霊園などに一任する供養方法を取っている場合でも、この期間だけは自分で供養を行うことも大切だと言えるでしょう。

もちろん、スケージュールの都合がつかない場合などは無理する必要はありませんが、時間や予定に余裕がある場合は、供養を検討するのもよいと言えます。

そして、供養というのは義務というより気持ちの問題なので、ご自身の気持ちを整理するという意味でも、この期間の供養は大切なものになると言えるでしょう。

新盆は出来る限りのことをするとよい

新盆と呼ばれる、四十九日過ぎて初めて行われる供養に関しては、祭壇を設けたり華やかな飾り付けをして盛大に行われるのが一般的です。

それに僧侶を呼んで親族が集まるという法要が行われたり、お布施を用意するのも新盆の慣例になっていると言えるでしょう。

しかしこれはあくまでも一般的に行われるものなので、ご遺骨の管理を霊園などに一任している場合は、出来る限りの供養を行うとよいと言えるでしょう。

寺院に供養を依頼している場合は、お世話になっていることに対するお礼の気持ちとしてお布施(5千~1万円)を渡すのもよいと言えます。

あるいはお金という形ではなく、時期的にもお中元という形でお渡しするものよいでしょう。

そして新盆では、仏様が帰ってくるための目印にするために白い提灯を用意するのが慣例となっていますが、これもまた気持ちの問題なので、用意出来ない場合でも特に問題はないと言えます。

また霊園などで行われる供養の方法は、それぞれの霊園や寺院によって異なっているため、事前にどのような形で行われるのかということを確認しておくことも重要です。

永代供養では、霊園や寺院に供養を一任出来るため、お盆に供養を行うことは必ずしも必要ありませんが、気持ちの問題として行ったほうがよいと言えます。

新盆に関しては、一般的な場合のように盛大に行う必要はありませんが、出来る範囲で行うことが重要だと言えるでしょう。