ペットにも永代供養は可能?

最近は犬や猫などを自宅で飼う家庭が増えており、家族の一員のように考えている方も多いと言えるでしょう。
ですので飼っていた動物が亡くなった後も、人間と同じように供養したいという要望を持っている方も多いと言われています。
そうした背景もあり、最近ではペットの永代供養(霊園などに供養や管理を一任出来る供養方法)というものがあり、需要が増えていると言われています。
ここでは、その供養方法を行う際の流れや、種類、そして人間と一緒に入ることが出来る場合などについて分かりやすく紹介します。

 

申し込みから埋葬・納骨までの流れ

供養の流れとしては、まず飼っていた犬や猫などの供養を専門に扱っている葬儀社を見つけて依頼を行います。専門の葬儀社は、一般的な葬儀社より数が少ないためインターネット検索を利用すると見つけやすいと言えるでしょう。そしていくつかの葬儀社を比較検討した上で、最も信頼出来る業者を選ぶとよいと言えます。

そして専門の葬儀社へ依頼した後は、業者に預けるまでの間、自宅でご遺体を安置する必要があります。動物に関しても、亡くなると数時間後には死後硬直が始まるため、自然な体勢になるように体を調整するとよいでしょう。そして体が汚れている場合は、タオルなどでキレイに拭いてあげるとよいと言えます。

さらに専門の葬儀社にご遺体を預けると火葬が行われますが、その際、火葬に立ち会うことが出来る場合や、後で自宅にご遺骨を届けてもらえる場合があります。また遠方の業者に依頼する場合は、火葬設備のある車が自宅まで来て火葬をしてもらえるケースもあると言えるでしょう。

そして火葬が終わった後は納骨が行われますが、その際、一旦ご遺骨を引き取った上で霊園や納骨堂に埋葬や納骨を行う場合や、ご遺体を引き取ることなくそのまま埋葬や納骨が行われる場合があります。ですので、ご遺骨の扱い方がどうなるのかということを事前に確認しておくことも重要だと言えるでしょう。

 

供養方法にはどんな種類があるのか

供養方法の種類については、屋内の納骨堂を利用するケースが最も一般的だと言えるでしょう。屋内の納骨堂はロッカーや棚のように区切られたスペースに遺骨を安置出来るようになっており、墓石を用意する必要がないため、費用が安く済むという特徴があります。相場は、年間1万~数万円程度というのが一般的ですが、中には数十万円もかかる立派なものも存在します。

次に挙げられるのは屋外の墓地であり、個別タイプと共同タイプがあると言えるでしょう。屋外の個別タイプは、文字通り個別の区画にお墓を建てるものであり、費用も10万~数十万円程度と高くなりますし、管理費も必要になります。

そして屋外の共同タイプは、共同のお墓に一緒に埋葬するというものであり、個別タイプより費用は安く済みます。ただし共同タイプは、一度埋葬してしまうとご遺骨を取り出すことが出来なくなってしまうため、その点は注意が必要でしょう。

 

人間と一緒のお墓に入れることが可能な場合もある

一般的に、飼っていた動物は人間と一緒のお墓に入れることはありませんし、寺院によってはそれを禁止していることもあると言えるでしょう。しかし最近では、飼っていた動物を一緒に入れることが出来る永代供養も存在します。

その種類としては、同じお墓にそのまま一緒に入れることが出来るタイプと、同じ敷地内に別のお墓を設けるタイプの主に2つがあると言えるでしょう。

 

ペットの永代供養では、まず専門の葬儀社へ依頼して火葬を行ってもらい、その後に埋葬や納骨を行うという流れになります。種類としては、屋内の納骨堂を利用するケースや、屋外に個別にお墓を建てるタイプ、そして屋外にある共同のお墓に埋葬するタイプがあります。また最近では、人間と一緒のお墓に入れることが出来るケースもあると言えるでしょう。