永代供養を生前予約するメリットは?


少子高齢化が進む最近では、墓の後継者がいなくても永代の管理や供養をしてもらえる永代供養墓を利用する人が増えています。

そしてこのような墓では自分の墓を生前予約することが可能であり、この場合は様々なメリットが考えられるのでそれらの点についてご紹介していこうと思います。

この種の墓の魅力としては次のようなものがあります

永代供養墓が人気のある理由として考えられるのは、子どもなどの後継者がいなくても無縁墓になることがなく、子どもや孫がいる場合でも彼らに金銭的な負担をかけなくてすむということが挙げられます。

特に都市のベッドタウンでもあるさいたま市の場合には、様々なタイプの墓がありアクセスも便利なところが多いので、この種の墓を選びやすいと言うことができます。

永代供養墓は生前予約が可能です

この種の墓では生前予約を行う人が多いようですが、このようにした場合は落ち着いた雰囲気のところなど、自分の好きな感じや形式のものが選べますし、さらに非常に安い場合を含めて幅広い墓の料金から自分が良いと思うような金額を選ぶことが可能になります。

さらにこの種の墓を生前に契約する場合のメリットとしては、墓に対する自分の希望やそこを選んだ理由などを家族に伝えておくことができるということがあります。

そして予約した墓が本人も家族も納得できるようであれば、どちらも墓に関して安心することができるので大きな利点と考えられます。

また、もっとこの種の墓の契約を生前に行いたいと考える場合は、そのときの自分の暮らしや状態などに合ったものを選びやすいと言えますし、実際に自分でその墓を管理している霊園やお寺を訪れてしっかりと見学してみることもできます。

故人が亡くなった後、遺族が墓を選ぶ場合は本人が必ずしも好むような墓ではないところを選んでしまったり、家族を亡くして辛い状態のときに墓を探すことが負担になったり時間的に余裕がないようなことも考えられます。

これに対して本人が生前に選ぶのならば、時間をかけて複数の墓を自分の目で見て良いところを探すことができますし、遺族の大変さを軽減する可能性が高くなるので、その点でもメリットがあると考えられます。

また、この種の墓を扱っている霊園やお寺では、生前契約に関する相談や質問などを受付けてもらえますし、特にさいたま市ではそのような場合の相談を大歓迎しているようなところもあるので、気軽に知識を得たり疑問を解消できやすいということもあります。

この種の墓を予約する場合に気をつけたいこと

この種の墓を生前に契約することはたくさんのメリットがあり、終活の一環として行ったりする人達も増えているようですが、この場合には注意した方が良いこともあります。

例えばこのような墓で最も安い費用になるのは合祀墓で、ここでは家族以外の他の人達と同じ墓に入ることになりますが、この場合は一旦入った場合に遺骨を取り出すことは不可能なので、違う墓に変わることはできません。

ですから、その点についてもよく考えると同時に、家族にも伝えておいた方が良いでしょう。

さらにこの種の墓では、自分一人や家族だけで入れるところもありますが、そのような場合でも数十年が経ったりすると合葬になってしまうことが多いので、その点についてもよく調べておいた方が良いでしょう。

また納骨堂などにした場合は、天気に関わらずお参りが可能だという利点がある一方で、屋外の墓に対するようなお供えができない場合もあるので、この点についてもよくチェックしておくことが大切です。

そして特に注意したいのは、その墓の購入を家族全員が賛成し納得してくれるようにするということです。

そうしない場合には本人が亡くなった後に、家族同士でもめることがあったり満足できるお参りができなくなる可能性があるので、よく話し合った方が良いでしょう。

永代供養墓は墓の後継者がいなくても霊園などに永代の管理や供養をしてもらえるので、最近では人気のある墓となっており、特にアクセスがしやすく様々なタイプの墓のあるさいたま市ではこの種の墓を選びやすいと言えるでしょう。

このような墓を選ぶと無縁墓にならないですむし、子ども達にも金銭的な負担をかけなくてすむということがあります。

そしてこの種の墓を生前に契約した場合は、自分の好きなタイプや納得できる金額のものを選びやすいというメリットが考えられます。

さらに家族に話して納得してもらえば、本人も家族も満足しやすいという利点もあると言えます。

なお、この場合は墓を購入する本人が複数の墓を実際に見学して比較したり、管理する霊園などに相談したりして自分に合ったところをじっくりと選べます。

ただこの種の墓の場合は、合祀墓では他の墓に移すことができなかったり、そうでない場合も最終的には合祀墓になってしまうということなどを考えておくことが必要です。

さらに家族に対しては、しっかりと墓の説明をして納得してもらうことも大切です。