さいたま市及び隣接地域の永代供養墓の特色とは?

永代供養墓の特色近年、お墓離れが深刻となってきています。
特に、地方にあるお墓は管理者の管理が行き届かず荒れ果ててしまったり、お墓の管理者と連絡が取れなくなってしまうなど、無縁仏となるお墓も少なくありません。
原因の一つには、お墓を継承した管理者が都心部に住んでいるため、地方にあるお墓を管理できないことが大きいと言われています。
また、お墓を継承する人がいなかったり、継承した人がそのことに気がついていないなどもあります。

人口の都市部集中がこんな形でも、問題となっているのです。
そんな、現代に合った形のお墓が永代供養墓なのです。
永代供養墓は、一般的なお墓のような管理をする必要がなく、お寺や霊園が代わりに全て行ってくれます。
また、管理費は永代供養墓を利用する利用料に全て含まれているため、維持費のような年間でかかる費用などはありません。
ですので、草むしりや掃除などのためにお墓を訪ねる心配もありません。
こんな便利な永代供養墓、せっかくなので地方にあるよりも便利なところの方が良いと思う人が多いです。
そこで、ここ数年で人気の高まっている、さいたま市やその隣接地域の永代供養墓の特色についてご紹介します。

永代供養墓の特色

特色1.利便性の良さ
さいたま市やその隣接地域の永代供養墓の人気が高まっているのは、それなりの理由があります。
まず大きいのが、その利便性です。
地方は過疎化や高齢化が問題になっていますが、その反対で東京近隣は人口増加が進んでいます。
それだけ、地方から都市部に人が移動してきているのです。
ですので、おのずと先祖代々のお墓から離れてしまい、管理が行き届かなくなるのです。
お墓が近くにあれば、お墓離れも多少防げるのです。
さいたま市は、東京に隣接しており電車でも30分以内、車でも1時間以内で着く場所にあります。
電車も都内から埼玉まで1本で行くことができる路線も多くなりました。
また、さいたま市に隣接する上尾市や川越市なども通勤圏内ですので、電車の本数なども多くとても便利な場所です。
さいたま市や隣接地域にあるお寺や霊園であれば、1時間圏内のところがかなり多くあるのです。
また、最近できた霊園などは、駅近やバス停近くなど利便性を考慮した場所に作られることが多いです。
このような特色があるため、人気が出てきているのです。

特色2.費用が安い
利便性などで考えれば、さいたま市よりも都心部にある霊園やお寺の方が近いじゃないかと思うかもしれません。
もちろん、それはそうです。
しかし、都心部とさいたま市やその隣接地域ではかかる費用が大きく違います。
さいたま市やその隣接地域の霊園やお寺は、広く土地が取れる分、1人当たりの費用が安くなるのです。
都心部はどうしても土地代が高いですので、費用も高くなるのです。
都市部にある、比較的費用が安めの霊園などは希望者が多く、なかなか入れません。
そのうなると、さいたま市やその隣接地域が現実的なのです。
また、昔から言われているドーナツ化現象により、勤務は都内だが住んでいる場所は埼玉県や千葉県である人がほとんどです。
埼玉県内に住んでいるのであれば、さいたま市やその隣接地域はとても利便性にも優れています。

首都圏で永代供養墓を買うならさいたま市やその隣接地域がオススメ

このように都心部に住み、新たに永代供養墓を検討している人には、利便性や費用の問題からもさいたま市やその隣接地域の永代供養墓がオススメです。
他にも、さいたま市は市町村合併によりかなり広くなったので、昔からあるお寺で永代供養を始めたところや、新しくできた霊園などが多く存在します。
それだけ、選択肢も多くあるということなのです。
永代供養墓を検討しているなら、一度、さいたま市や隣接地域の永代供養墓を見に行ってみるといいでしょう。

 

永代供養墓一覧はこちら