さいたま市で生前予約ができる永代供養墓

さいたま市で生前予約ができる永代供養墓

日本ではお墓というと継承するものという考え方が一般的でした。
ところが最近ではお墓離れとも言われることが多く、

お墓を継ぐ方がいない

お墓自体を作るにも費用が高い

ということでお墓に対する考え方も変わってきました。
そんな中で生まれたのが永代供養墓です。
ここではさいたま市で生前予約ができる永代供養墓について解説します。

 

生前予約のほうが圧倒的にメリットは多い永代供養墓

数十年前まで生前葬という方法が一時期流行ったことがあります。
これは終活の先駆けでしたが、今ではエンディングノートをはじめ遺族に大変な思いをさせないためにも自分でお墓を用意する方も増えてきました。
またすでに田舎には帰らないという決意をしている方は田舎のお墓をやめて都会にお墓を求めることもあります。

 

○生前予約できる永代供養墓
そんな時生前予約できる永代供養墓に注目が集まっています。
これなら事前に見学できて自分が入りたいところを自分で探すことができます。
誰かにお仕着せのお墓を作ってもらう(それは大抵子どもですが)こともなく、自分の希望でお墓を選ぶことが可能です。
また死後の不安が無くなります。
死んでまで心配することはありませんが、想像できるのは家族の負担です。
それが亡くなるのは安心できるという意味です。
また生前予約すると管理費一括支払いなどは半額になることもあり、何かとメリットが多くなります。

 

さいたま市で生前予約可能な永代供養墓

いくつかさいたま市でも霊園や墓地がありますが、永代供養墓がある墓地や霊園なら、ほとんどは生前予約が可能です(そうでない場所もあります)いくつかご紹介します。

 

(1)いわつき聖地霊園「時のともしび」
さいたま市の永代供養墓で10万円から利用可能です。
駅から徒歩5分の好立地になり、見学することも可能です。
また宗教・宗派は不問、最初に収める永代供養墓の費用以外には年間管理費や寄付金なども必要ありません。
故人の俗名(生前予約でも)プレートに彫刻して刻銘してくれます。
プランも非常にシンプルで以下のような永代供養料になっています。

・1年間骨壺で安置し、納骨袋に納め地下カロート内に散骨する(10万円)
・7年間骨壺で安置し、納骨袋に納め地下カロート内に散骨する(20万円)
・13年間骨壺で安置し、納骨袋に納め地下カロート内に散骨する(30万円)

これ以外に彫刻代(名前)が別途5,000円、延長するなら1年24,000円、33年なら50万円です。

 

 

(2)彩の国フォーシーズンメモリアル「永代供養墓 彩-IRODORI-」

「自然と響き合う誇り高い整地」

というキャッチフレーズで知られている永代供養墓です。
ここは他のお墓同様にお参りできて、お墓を継承する必要がありません。
また一般の墓地のように遺骨を骨壺に入れて安置してもらえます。
また銘板を付けてもらえるので埋葬された箇所が確認できます。

埋葬してもらうと管理料や維持費はかかりません。
ただし生前予約された方だけは年間管理料として1200円かかります(税抜)。
逆に亡くなるまで何年あるかわかりませんが、それでも20円と考えても24,000円しかかかりません。
この彩は永代供養墓が33万円から利用できます。

この霊園にはシリーズがあり、他にも場所が違いますが永代供養墓として、

川口光輪メモリアルの「光-HIKARI-」

川口メモリアル和楽邸「和-NAGOMI-」

なども同様の永代供養墓があります。

それぞれの霊園ではデザインがコンセプトによって違いますが、欧風霊園としてどれも非常に手入れが行き届いた素晴らしい霊園です。

このシリーズを手掛けているのが株式会社方丈です。
フォーシーズンメモリアルとして埼玉を含め東京や神奈川に合わせて10もの霊園を管理運営しています。
今までの霊園や墓地とは違い、かなり手入れがされた素晴らしい欧風ガーデンです。
一度見学に行くことをおすすめします。
墓地・霊園の考え方が変わります。