永代供養をお願いするタイミングはいつからがいい?

地域セミナーも各地で開催されるなど、さいたま市でも終活に注目が集まっています。

エンディングノートのほか、終活ではお墓の準備も重要なポジションを占めていますが、最近では永代供養を選ばれる人も増えているようです。

 

おすすめのタイミングとは

家族に代わって、寺院や霊園などが末永く供養してくれるのが永代供養であり、さいたま市でも核家族化を背景に人気が高まっています。

そして永代供養にすると決めた場合、いつ申し込めば良いのか、そのタイミングも気になるポイントです。

時期としては大きく分けて2つあり、1つは生前申し込み、もう1つは自分が亡くなった後、家族に申し込んでもらうスタイルです。

いずれの場合もケースバイケースですから、申し込みは各自の都合に合わせたタイミングで良いと思いますが、個人的におすすめのタイミングは、やはり生前申し込みと言えるでしょう。

例えば、生前申し込みならさいたま市内の寺院や霊園を見て回れますから、景観や費用やサービスなど、自分が気にいった所を選べるのが利点です。

しかも、存命中にお墓を用意すれば寿陵となり、長寿への願いも込められます。

縁起が良いのはもちろん、自分で申し込んでおけば家族の負担を軽減できるため、その意味でも良いと言えるでしょう。

自分が亡くなった後の家族は、悲しみを抑えてお葬式の準備に取り掛かり、その後は延々と続く相続手続きに追われることになります。

その上お墓選びの負担も増えますと、てんてこ舞いになるかもしれません。

何より、自分が亡くなった後に申し込む場合、お墓の件で家族の意見が分かれるケースもあるため、存命中に申し込んでおけばそんな事態も防げます。

 

元気なうちに申し込むのが理想的

生きている間に自分で申し込みますと、永代供墓の使用許可証などが寺院や霊園より発行されます。

これは手続き済みの証になりますから、遺書やエンディングノートと共に、大事に保管しておきましょう。

これで自分が亡くなった後の行き先は決まったことになるので、残りの人生はその気掛かりから解放され、心も軽く安泰と言えます。

周囲の家族としても、お墓の準備を本人が済ませていれば心配ごとが1つ減るため、生前申し込みは皆が幸せになれるタイミングです。

もちろん、子供や面倒を見てくれる親族がいない場合は、可能な限り存命中に申し込んでおいた方が良いでしょう。

ただし、生きている間と申しましても、できれば元気なうちに申し込んだ方が良いと思います。

病気やケガなどはいつ起こるか分かりませんし、体調不良では寺院や霊園をあちこち見て回ることができません。

ですので足腰がしっかりしているうちに、幅広く調べて申し込んでおくのが理想的です。

 

自分用ではない永大供養の申し込みタイミング

永代供養は自分用だけでなく、故郷にあるお墓を地元のさいたま市に移したい時にも活用できます。

その場合は今のお墓がある役所で改葬許可書を出してもらうため、今のお墓から出してもらう納骨証明書と、受け入れ先となる永代供養墓の使用許可証が必要です。

そのため永代供養を申し込むタイミングは、役所に改葬許可申請書を提出する前、ということになります。

また、お墓はさいたま市にあっても、高齢のためにお墓の世話ができず、途中から永代供養に切り替えたい時は、体が言うことを聞くうちに申し込みましょう。

思い立ったが吉日という言葉もあるように、あまり先延ばしにしないのが大事です。

 

さいたま市で永代供養を申し込むなら、生きている間に自分で好きな寺院や霊園を選ぶのが得策です。

自分が入るお墓が決まっていれば安泰ですし、家族にとっても亡くなった際の負担が減るので良いタイミングと言えます。

そして、色々な寺院や霊園を見て回り、納得した所を選ぶためにも、元気なうちから取り掛かり、申し込んでおくと良いでしょう。

同様に、高齢でお墓の世話ができなくなるなど、途中から永代供養に切り替えたい時も、体が言うことを聞くうちに申し込んでおくと良いでしょう。

さいたま市永代供養コラム