永代供養でよく聞くトラブルや詐欺への対処方法

永代供養でよく聞くトラブルや詐欺への対処方法

 

永代供養とはお墓を継承する必要がない、一代限りのお墓のことです。
供養や管理は霊園や墓地の運営者が行ってくれます。
しかし永代供養という方法が増えると同時にトラブルや詐欺も増えているといいます。
そこでここでは永代供養で起るトラブルや詐欺に対してどのような対処をすればよいのかを解説します。

 

永代供養で多いトラブルとは

そもそもよく説明を聞かないと理解できないこともあるのが「永代供養」という供養の方法です。
永代供養というと似た言葉で永代使用料という言葉があります。
これはお墓をお寺や霊園から永代で使用する権利を得て、墓石を建ててお墓を祀ることです。
一般的な従来のお墓のスタイルでした。
しかし永代供養墓というと一代限りのお墓で、しかも永遠ではありません。

必ず10年から33年、長くても50年でお骨は処分されてしまします。
もっとも処分と言わずに合祀という方法で合同の供養塔などで弔います。
実際に33年は実際のお墓でも年忌が終わるころです。
その意味では合理的にできています。
何年か後に処分されることを知らない、理解していなかったということでトラブルになることもあります。

また一旦合祀してしまう永代供養墓では、あとで都合により遺骨を取り出すということがほぼ不可能になります。
合祀は一緒に他の方の遺骨も埋葬するので取り出すことはできません。
もし後で取り出すことが想定されるなら、最初から個別に埋葬される永代供養墓もあるので、それを選ぶようにしましょう。

 

○生前予約

また若くても生前予約をして永代供養墓を申し込む人もいます。
あまりにも早く申し込んだためにせっかく生前に予約しておいても周囲の方が知らないということもあります。
証明書を発行しない、契約した証明を発行しないというところはないと思いますが、
事前に生前予約したことを誰かに知っておいてもらいましょう。

 

○埋葬方法

また意外と多いトラブルは埋葬方法です。
永代供養墓でも一定の時期がくると合祀してしまいます。
まとめて供養を行うようになります。
最初から合祀されてしまうケースになると、お骨を取り出すことはできません。
これは遺族が知らなかったために、亡くなった後何年か経ってからトラブルに発展することもあります。
家族の間でしっかりと意見を交わしておく必要があります。

 

詐欺?高齢者を狙ったトラブルとは

被災地や震災によって仮住まいになった高齢者に向けてお墓詐欺というのも横行しています。
泣きっ面に蜂とはまさにこのことですが、震災で家財道具一切を失ってしまった高齢者にさらにひどい仕打ちをする詐欺業者もいます。

このケースでは被災してお墓が消失してしまった、流されてしまったという方のために、ご遺骨を最大で5年(または10年)お預かりするという簡易永代供養墓のようなシステムを提案してくると言います。
またこの時に提案額も年間10万円などと具体的な費用を示してきます。
もちろん高齢者もこの程度なら騙さされませんが、実際にあるお寺や住所、連絡先などを提示されてしまうのでついつい信用してしまうというものです。

永代供養墓のようなスタイルをとりながら、実際は詐欺だったということが被災地では多発したと言われています。
多くがお金をだまし取られ、善人を装いながら人助けのようにやってくると言います。

トラブルや詐欺に対する対処とは

○永代供養墓を見学に行く

永代供養でトラブルにならないためには、まずお金のやり取りや契約をする前に、実際の永代供養墓を見学に行くことです。
どの霊園や墓地でも予約して見学することが可能になっています。
その時初めて具体的なお墓のイメージが実体化されるようになります。
想像していたのとは違う、想像以上だったということがわかります。

 

○個別に納骨されるのか、合葬なのか確認しておく

次に永代供養墓は永代と書いていても未来永劫ではないということです。
ある時期が来たら合祀されてしまいます。
また最初から合祀というタイプもあるので、個別に納骨されるのか、それとも合葬されるのかをきちんと確認しましょう。

 

○身内に説明しておく

また身内の方にもしっかり説明して、

「生前にお墓を予約した」

「永代供養墓だ」

ということを伝えましょう。
また契約する前には家族の了解も取っておくことが大切です。