永代供養料の表書きの書き方は?

少子化の日本においてお墓の問題が深刻化しています。

その中で注目されているのが永代供養です。

跡継ぎがいないなど、お墓を守る人がいない場合であっても寺院などで供養をしてもらえるので安心です。

そこで気になるのが表書きの書き方です。

どの様に書けば良いのか詳しく書いているので参考にしましょう。

 

近年注目されている新しいお墓の形

これまでお墓は先祖代々受け継がれていくものでしたが、現在日本は少子化の時代になっており、受け継ぐ人がいないとう問題に直面しています。

子供の数が減り、また仕事で転勤があるというところもあり、長年に渡りお墓を守るということが出来なくなってきています。

そこで注目されているのが永代供養です。

お金を支払い寺院などで遺骨の管理と供養をしてもらいます。

このお墓を選ぶことで自分達がお墓参りをすることが出来なくてもしっかり供養をしてもらえるので安心です。

そこで支払うのが永代供養料です。

このお金は永代に渡り供養をしてもらうために支払うお金です。

最初にお金を包みますが包み方は、まずのし袋を用意して表書きには永代供養料と明記します。

また中袋には必ず施主の名前と金額を書きましょう。

名前を書き忘れてしまうと誰が渡したものか分からなくなってしまうので忘れずきちんと書きます。

またのし袋がない場合は白地の封筒でも大丈夫です。

実はこのお墓の形は近年多くなっている形であるため、この様にしなければいけないという決まりがありません。

ただしやはり供養をしてもらうため、失礼のない様にすることが大切です。

 

跡取り問題をクリアすることが出来る

お墓の問題はとても重要な問題ですがそれをクリアするためにはお墓の形にこだわるよりも自分達に一番合ったお墓を選ぶことが大切です。

亡くなった人を供養することは大切なことですが、残された人達のことも考える必要があるでしょう。

また近年では生前に終活を行い、自分が亡くなった後のお葬式やお墓の準備も事前に行う人が増えてきているでしょう。

残された家族も安心して供養をお願いすることが出来、跡継ぎがいなくても永代に渡り供養をしてもらえるこの形こそが今の時代にマッチしたお墓の形ではないでしょうか。

もちろん先祖代々受け継いでいくことも大切です。

しかし遠方にお墓があるなど、なかなかそれを容易に出来ない人もいるでしょう。

それをクリアするためにも、色々選択肢があるということは良いことです。

永代に渡り供養してもらうお墓の形は近年多くなった形です。

またお墓は共同墓を使用しているところが多く複数の人達の遺骨が納められています。

それが嫌だという人の場合、一定の年数が経つまでは個々のお墓を利用しその後共同墓に移すというところもあります。

色々あるのでどの様な供養の方法があるのか事前にしっかり確認しておきましょう。

 

費用の面でも安心することが出来る

永代に渡り供養をしてもらえるお墓ですが、料金は一般的なお墓と比べると安くなっているところが多くなっています。

一般的なお墓の場合、継続的に管理料など様々な費用が掛ってきますが、最初に支払えば管理料なども掛らないので安心です。

お墓を受け継ぐ場合、それを維持するためにある程度お金が必要になります。

それがずっと続くため、経済的にも受け継ぐことが出来ないという人も中にはいるのではないでしょうか。

新し形のお墓はそんなお金の問題もクリアしてくれるでしょう。

先祖を大切にすることはとても大切なことですが、それと同様に残された人達の生活もとても大切です。

そのことをしっかりと考えた上でのお墓選びをすることが重要でしょう。

ぜひ自分達が納得するお墓の形を見つけましょう。

 

近年お墓問題が深刻化しています。

少子化が進み、お墓を守る人がいないなど将来に不安を覚える人もいるでしょう。

そこで注目されているのが永代供養です。

一般的なお墓とは違い、寺院で管理や供養をしてもらえ、費用も安くなっています。

どの様なお墓の形であっても、故人を想う気持ちには変わりません。

ぜひ自分達にとって最善のお墓の形を見つけましょう。